給湯器を自分で交換する場合のポイントや注意点

給湯器の交換は一般的に業者にお願いして行うもので、10年から15年の間隔で定期的な交換が必要だとされていますよね。ただ業者に依頼する費用がもったいないと考えている人も少なくないと言われており、自分たちで交換できるのであれば節約のために交換したいという人もいるようです。

そこで今回は、給湯器を自分で交換する場合のポイントや注意点を解説します。

そもそも自分で給湯器の交換はできるのか

まず気になるのが、給湯器は自分たちで交換することができるのかどうかですよね。実は給湯器そのものの仕組みは意外とシンプルなものとなっていて、給水配管と給湯器本体がつながっていてそこを水が行き来しながら室内に運ばれているという流れになります。

追い炊き機能がついているタイプであればその途中に追い炊き配管が接続されているだけなので、給湯器を交換する時には給水配管や追い炊き配管とうまく接続させることができればそこまで難しくはないのです。実際に接続や交換に関してのある程度の知識や必要な道具を揃えていれば、あとは交換する給湯器そのものを用意するだけで自分たちでも交換することは不可能ではありません。

このようなことから、給湯器を業者ではなく自分たちで交換することそのものは不可能ではないと考えられています。実際にDIYの一環で自分たちで給湯器を購入して交換したというケースもあり、必ず業者に依頼して交換しなければいけないという決まりもないようです。

あくまでも自己責任の部分はありますが、それでも自分たちで給湯器を交換することはできます。

給湯器の交換に必要なもの

給湯器を自分たちで交換する際に必要なものとして、まず交換するための新しい給湯器があります。業者に依頼するのであれば業者側が用意してくれるのですが、自分たちで交換する時には当然自分たちで新しいものを購入しなければいけません。

給湯器を購入する場合、中古であればネットオークションやリサイクルショップなどでも販売されているほか、地域交流のサイトなどを通じて引き取り手を探している人もいますよね。ただ中古を購入すると費用は安いものの耐久性や交換年数の問題があるため、自分たちで交換するのであればできる限り新品を購入しておくことがおすすめです。

新品の給湯器はネットショップやガス会社などで販売されているため、自分たちの使っている給湯器と同じものか交換しても問題のないものを選ぶことが大切だと言われています。ほかにも給湯器の交換を自分でする場合には、モンキーレンチやパイプレンチ、ドライバー、ペンチなどを用意しておくことが必要です。

基本的に工具はこれらが揃っていればほかに追加で必要となるものはほとんどないため、すぐに用意できるものが多いところが自分たちで交換しやすい理由の一つだと考えられています。

給湯器を交換する手順について

自分たちで給湯器を交換する際の手順としては、まず配管がどのようになっているのか確認しておくことが大切です。特に給湯器本体を中心にどの配管がどのようになっているのか確認しておかなければ、交換した時に元に戻せなくなってしまう可能性があります。

そうなると水関係だけではなくガスのトラブルや事故が発生してしまうリスクがあるため、写真で撮影しておくなどわかりやすく状態をメモしておくことがおすすめだと言われています。配管の位置を確認したら給湯器本体を工具を使って取り外し、新しいものを元の通りに取り付けるだけです。

基本的に給湯器だけを交換するのであればこれだけで簡単に完了することができるため、一つ一つの作業を確認しながら行えば難しいものではありません。この時に注意しておきたいのが、給湯器本体をしっかり固定しておかないと作動した時に本体が振動して落下してしまう恐れがある点です。

そのため自分たちで給湯器を交換した場合は、必ず本体をしっかり固定して落下しないようにしておく必要があります。

給湯器を交換する時の注意点

このように給湯器を交換すること自体は決して難しいことではなく、自分たちで交換することも不可能ではないとされています。ただ注意しなければいけないのは、ガス管や電気の配線はDIYで簡単にできることではないという点です。

給湯器はガスや電気を使用していることから、交換するためにはガス管や電気の配線も操作しなければいけないことがあります。配管や配線そのものは元のように取り付ければいいだけだと思われがちですが、実はガス管や電気の配線を行うためには国家資格が必要となっているのです。

そのため資格を持たないままガス管や電気の配線を操作してしまうと、一見しっかりつながっているように見えて大きなトラブルに発展してしまうリスクも考えられます。また給湯器の交換は一つ一つの手順を確認しながら行えばだれでも成功するというものではなく、給湯器の配管や配線によって難易度や実際のつなぎ方が異なっているという点も注意しなければいけません。

特に古い給湯器や配管を交換するのであれば、無理に自分たちで交換しようとすると破損してしまうなど大きなトラブルにつながる可能性が大きいです。ただ実際に給湯器や配管が古いものなのかどうか見た目で判断することは難しいため、安易にDIYの一環として自分たちで交換していいというものではないと言われています。

自分で行わない方がいいこともある

給湯器の交換に関してはわざわざ業者を呼ぶのは面倒くさい、お金がもったいないと考えている人も少なくありませんよね。しかも給湯器本体であればインターネットを利用すれば手軽に購入することができる点やDIYが人気を集めている点などから、自分たちで交換したいと考えている人も少なくありません。

中には実際に自分たちで給湯器を交換したという人や、そのノウハウに関して動画やブログで紹介している人たちもいます。このような情報を見ると自分たちでも交換できるのではないかと安易に考えてしまう人もいて、自分たちで給湯器の交換を検討するという人も多いようです。

ただ給湯器の交換に関してはただ水道の配管に気をつければいいというだけではなく、ガス管や電気の配線など専門的な資格が必要な部分も手掛けなければいけません。

そうなると素人では簡単に給湯器を交換していいわけではありませんし、これまでDIY経験がない人にとっては自分たちで交換していいものなのかどうか判断ができないケースも多いですよね。そのため給湯器の交換は自分で行わない方がいいことも多いため、難しいと判断した場合は業者にお願いすることがおすすめだとされています。

『東京で頼める給湯器の交換業者』

Posted on